旧古河庭園の見どころ|歴史ある洋館と和洋が調和する美しい庭園

旧古河庭園の見どころ|歴史ある洋館と和洋が調和する美しい庭園

旧古河庭園は、洋風庭園と日本庭園が併設された、珍しい庭園です。

美しい洋館の前には、洋風庭園が広がっています。

洋風庭園を抜けて低地に下ると、日本庭園があります。

今回は、旧古河庭園の見どころを紹介したいと思います。

目次

旧古河庭園の見どころ

旧古河庭園の見どころ

旧古河庭園は、東京都北区にある都立庭園です。

春と秋になると、旧古河庭園のバラ園には、たくさんのバラの花が咲き誇ります。

日本庭園は、心字池を中心とした池泉回遊式庭園で、池の周りの小道を巡りながら、四季折々の景色を楽しむことができます。

ジョサイア・コンドルが設計した洋館は、現在は大谷美術館となっており、洋館内を観覧することができます。

洋館・洋風庭園・日本庭園ともに、見どころがたくさんあります。 

旧古河庭園の歴史

旧古河庭園の歴史

旧古河邸は、鉱山業で財をなした古河財閥3代社長、古河虎之助が実際に住んでいた邸宅でした。

洋館と洋風庭園は、イギリス出身の建築家、ジョサイア・コンドルが設計し、1917年(大正6年)に完成しました。

日本庭園は、近代日本庭園の先駆者とされる作庭家、小川治兵衛(おがわじへえ)が設計し、1919年(大正8年)に完成しました。

1945年には、進駐軍に古河庭園は接収されてしまい、その後は国有財産となりました。

旧古河庭園の公園化を望む強い要望を受け、1956年に都市公園となりました。

旧古河庭園の入園料(入場料)

旧古河庭園の入園料(入場料)

旧古河庭園は、有料の庭園です。

そのため、庭園に入るためには、入園料(入場料)が必要です。

入園料(入場料)は、一般150円、65歳以上が70円となっています。

洋館に入るためには、別途入館料が必要です。

有料の庭園とは言っても、大人でも入園料は150円です。

バラの手入れや庭園の整備などを考えると、そんなに高いという印象はありませんでした。

旧古河庭園の園内マップ(地図)

旧古河庭園の園内マップ(地図)

こちらが、旧古河庭園の園内マップ(地図)です。

園内には、このような紙媒体の園内マップ(地図)が置いてあります。

園内は意外と広いので、園内マップ(地図)を持っていないと、どこにいるのかわからなくなることがあります。

門は3つありますが、通常は正門しか開いていません。

入り口から入って少し歩くと、洋館が見えます。

そして洋館の先にはバラ園、ツツジ園があります。

ツツジ園を抜けると、日本庭園があります。

日本庭園は、池を中心に周りを見て歩くことになります。

旧古河庭園の周りには、徒歩で庭園まで行ける距離に、いくつか駅があります。

近くの駅から歩いて、旧古川庭園と正門に向かうこととなります。

あわせて読みたい
旧古河庭園へのアクセス(行き方)|最寄り駅は?庭園の場所は? 旧古河庭園は、東京都北区にある都立公園です。 旧古河庭園は、商店街の並ぶ大通りの一角にあります。 複数の駅から徒歩で古河庭園へアクセスできますが、それぞれの駅...

旧古河庭園の洋館|入館は別料金となります

旧古河庭園の洋館|入館は別料金となります

こちらは、旧古河庭園の洋館です。

洋館は大谷美術館となっており、入館には別途料金が必要となります。

こちらの洋館は、1階が洋室、2階が和室という、珍しい建物になっています。

1階は、応接室などの豪華な洋室となっており、窓からはバラ園を中心とした洋風庭園を眺めることができます。

2階は和室となっており、和室からは日本庭園を眺めることができます。

旧古河庭園のバラ園|ジョサイア・コンドルが設計した洋風庭園

旧古河庭園のバラ園|ジョサイア・コンドルが設計した洋風庭園

旧古河庭園で、1番の見どころと言えば、ジョサイア・コンドルが設計した、洋風庭園です。

美しい洋館の前に、フランス式とイタリア式の技法を組み合わせて作った、洋風庭園が広がります。

こちらの洋風庭園は、バラ園として有名で、春と秋にはたくさんの色とりどりの美しいバラが咲き誇ります。

東京のバラの名所と言えば、旧古河庭園と言ってもいいほど、たくさんの美しいバラを見ることができます。

あわせて読みたい
旧古河庭園のバラ園|バラの見頃は春と秋、綺麗な薔薇が沢山見られます 旧古河庭園のバラ園では、色とりどりの美しい薔薇を見ることができます。 薔薇の見頃は春と秋です。 春と秋になると、バラ園には沢山の薔薇の花が咲き誇ります。 今回は...

旧古河庭園の日本庭園|小川治兵衛が造園した池泉回遊式庭園

旧古河庭園の日本庭園|小川治兵衛が造園した池泉回遊式庭園

洋風庭園の奥には、小川治兵衛が造園した、池泉回遊式庭園である日本庭園が広がります。

心字池を中心とした庭園で、池の周りには小路や石橋があります。

こちらの小道や石橋を通り、池の周りを周りながら、四季折々の景色を楽しむことができます。

旧古河庭園の日本庭園|小川治兵衛が造園した池泉回遊式庭園

池の隣には小高い丘があり、茶室や書庫があります。

茶室では、静かな空間で抹茶と茶菓子を頂きながら、美しい自然を眺めることができます。

あわせて読みたい
旧古河庭園の日本庭園|心字池を中心に、茶室もある池泉回遊式庭園 旧古河庭園は、バラ園で有名な庭園です。 でもそのバラ園の先には、素敵な日本庭園があります。 日本庭園の中心には心字池があります。 そして、旧古河庭園の日本庭園は...

旧古河庭園の展望台|日本庭園を眺めながら休息できます

旧古河庭園の展望台|日本庭園を眺めながら休息できます

旧古河庭園の入り口近くの芝生の隅には、日本庭園を眺めながら休息ができる展望台があります。

旧古河庭園の展望台|日本庭園を眺めながら休息できます

展望台には、屋根とベンチがあり、展望台の先には、日本庭園が広がります。

旧古河庭園の売店|バラをメインとしたお土産が買えます

旧古河庭園の売店|バラをメインとしたお土産が買えます

旧古河庭園の入り口近くにある芝生の側には、バラをメインとしたお土産が買える、売店があります。

旧古河庭園の売店|バラをメインとしたお土産が買えます

こちらの売店では、バラを使用したクッキー・ケーキ・ジャム・しおり・ブローチなど、旧古河庭園に関わるお土産を買うことができます。

旧古河庭園の売店|バラをメインとしたお土産が買えます

こちらでは、バラの入ったアイスも買えます。

バラの花びら入り「バラのアイス」や、こだわりのバラアイスをモナカで包んだ「アイスもなか」がありました。

旧古河庭園の売店|バラをメインとしたお土産が買えます

せっかくなので、お土産に、「バラの花びらジャム」を買って帰りました。

バラの香りがする、美味しいジャムです。

紅茶に入れたりヨーグルトにのせたりと、おいしくいただけます。

旧古河庭園の所要時間|1時間以上が理想です

旧古河庭園の所要時間|1時間以上が理想です

旧古河庭園に行く場合、所要時間はどれくらい確保したらいいのでしょうか?

どこをどの程度時間をかけて見るかにもよりますが、できれば1時間以上は時間を確保しておいた方がいいと思います。

洋館とバラ園を見るだけでも、30分はかかると思います。

そして洋館の先には、広い日本庭園が広がります。

日本庭園の心字池の周りを軽く周るだけであれば、30分もかからないと思います。

ただ茶室を見に行ったり、お茶をいただいたり、庭園の奥の方まで歩いて行ったりして、日本庭園を全て回るとなると、30分では足りないと思います。

足早に全体を見るだけであれば1時間くらい、庭園内を隅々まで周ったり、休憩をしてお茶を飲んだりする場合は、2時間程度は見ておいた方がいいと思います。

旧古河庭園の見どころ|まとめ

いかがでしたでしょうか?

旧古河庭園は、バラ園が非常に有名です。

バラの見頃である春と秋には、是非、旧古河庭園で、満開のバラを鑑賞していただきたいと思います。

また、バラ園の方が有名なようですが、旧古河庭園の日本庭園は、広くて見どころもたくさんあります。

洋風と和風が見事に組み合わされた珍しい庭園ですので、是非、旧古河庭園で、美しいバラの咲き誇る洋風庭園と、自然豊かな日本庭園を鑑賞してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる