鳩山会館(文京区)|ステンドグラスの洋館と素晴らしい庭園があります

鳩山会館(文京区)|ステンドグラスの洋館と素晴らしい庭園があります

鳩山会館は、第52・53・54代内閣総理大臣を務めた鳩山一郎氏の邸宅を、記念館として一般に公開しているものです。

鳩山会館は東京都文京区音羽にあることから、「音羽御殿」としてもよく知られています。

鳩山会館は、御殿の名にふさわしい、日本の住宅とは思えない豪華な邸宅となっています。

今回は、鳩山会館について紹介したいと思います。

目次

鳩山会館とは?

鳩山会館とは?


鳩山会館は、元々は元内閣総理大臣の鳩山一郎の邸宅でした。

現在は、第93代内閣総理大臣だった鳩山由紀夫氏が相続をしており、一般に開放されています。

鳩山会館は、イギリス風の美しい洋館と、春と秋にはたくさんのバラが咲き誇るバラ園のある、美しい庭園があります。

鳩山会館へは、有楽町線の江戸川橋駅か護国寺駅から、徒歩7~8分程で行くことができます。

あわせて読みたい
鳩山会館へのアクセス(行き方)|道に迷いやすいので注意が必要です 鳩山会館は、元内閣総理大臣の鳩山一郎氏の邸宅を、記念館として一般に公開しているものです。 鳩山会館は、東京都文京区音羽にあります。 鳩山会館は、素敵な洋館と、...

鳩山会館の見学の仕方|料金は?何があるの?

鳩山会館の見学の仕方|料金は?何があるの?


鳩山会館は有料の施設のため、入館料が必要です。

入館料は大人600円(2021年時点)です。

入り口の券売機で、チケットを購入します。

鳩山会館には、鳩山一族の自宅であったイギリス風の洋館と、美しい庭園があります。

係りの人にチケットを手渡した後は、好きなように洋館や庭園を見学することになります。

鳩山会館の洋館|間取りと室内の様子を紹介

鳩山会館の洋館|間取りと室内の様子を紹介


入館時に、鳩山会館の平面図を頂けます。

こちらは、修復前と修復の後のものが表示されています。

修復後の平面図を見ながら、好きなように洋館を見て回ります。

鳩山会館1階|第1応接室

鳩山会館1階|第1応接室


こちらが、鳩山会館1階の第1応接室です。

ステンドグラスに彩られたヨーロッパ風の応接室です。

こちらにはテレビが置いてあり、鳩山由紀夫氏が、鳩山会館について説明してくれます。

鳩山会館1階|第2応接室

鳩山会館1階|第2応接室


こちらは、鳩山会館1階の第2応接室です。

鳩山一郎氏が首相だった時、この応接室が重要な政治の舞台となっていたようです。

鳩山会館1階|第2応接室

こちらは、鳩山一郎氏が愛用していた椅子です。

この椅子に座りながら、要人達と様々な議論をしていた様子が伺えます。

鳩山会館1階|第2応接室

綺麗なだけでなく、歴史のある応接室です。

鳩山会館1階|第2応接室

第2応接室の端には、鳩山由紀夫氏の銅像があります。

祖父の築いた遺産を、孫の由紀夫氏が守っているように見えました。

鳩山会館1階|食堂

鳩山会館1階|食堂


こちらは、鳩山会館1階の食堂です。

鳩山会館1階|食堂

こちらの食堂には、鳩山一郎氏や妻の薫氏が当時利用していた食器なども展示されていました。

鳩山会館1階|サンルーム

鳩山会館1階|サンルーム


こちらが、鳩山会館1階のサンルームです。

サンルームという名の通り、太陽の光が降り注ぐ明るい部屋です。

このサンルームから、庭園に出ることができます。

鳩山会館1階|サンルーム

明るいサンルームの部屋には、いくつもの椅子が並べられていました。

鳩山会館1階|サンルーム

こちらは、サンルームの反対側です。

現在では自動販売機が設置され、好きな飲み物を買い、椅子に座りながら休むことができます。

鳩山会館1階から2階の階段

鳩山会館1階から2階の階段

こちらは、鳩山会館1階から2階へと続く階段です。

ダークブラウンの階段で、ベルベットのような赤い敷物が印象的です。

階段の途中には、大きなステンドグラスがありました。

鳩山会館2階|大広間

鳩山会館2階|大広間


こちらは、鳩山会館2階の大広間です。

こちらの大広間が、鳩山会館2階の最大の目玉と言ってもいいと思います。

個人の邸宅にこんな大広間があるのかと驚くような、ヨーロッパ風の立派な大広間でした。

鳩山会館2階|大広間

大広間の窓からは、美しい庭園を眺めることもできます。

鳩山会館2階|一郎記念室

鳩山会館2階|一郎記念室


こちらは、鳩山会館2階の一郎記念室です。

鳩山一郎氏に関わる様々な品が展示されています。

こちらは、室内での写真撮影は禁止されています。

鳩山会館2階|薫記念室

鳩山会館2階|薫記念室


こちらは、鳩山会館2階の薫記念室です。

鳩山薫氏に関わる様々な品が展示されています。

こちらも、室内での写真撮影は禁止されています。

鳩山会館2階|威一郎記念室

鳩山会館2階|威一郎記念室


こちらは、鳩山会館2階の威一郎記念室です。

鳩山威一郎氏に関わる様々な品が展示されています。

こちらも、室内での写真撮影は禁止されています。

鳩山会館2階|前室

鳩山会館2階|前室


こちらは、鳩山会館2階の前室です。

こちらのドアを通り、バルコニーに出ることができます。

鳩山会館2階|前室

前室には、掛け軸(書)も飾られていました。

鳩山会館2階|バルコニー

鳩山会館2階|バルコニー


こちらは、鳩山会館2階のバルコニーです。

鳩山会館自体が丘の上にあるので、バルコニーのある場所は洋館の2階ですが、かなり遠くまで見渡すことができます。

鳩山会館2階|バルコニー

バルコニーに出て洋館を見ると、鹿と鳩のモチーフが飾られていました。

どこまでも、手の込んだ装飾がされている洋館だと思います。

鳩山会館2階|バルコニー

バルコニーからは、美しい庭園を眺めることもできます。

鳩山会館の洋館のステンドグラス

鳩山会館の洋館のステンドグラス


鳩山会館の洋館の中には、たくさんのステンドグラスが飾られています。

こちらは1階から2階へと続く階段の間に置かれているステンドグラスです。

ステンドグラスには、ハトと五重塔が描かれています。

洋館なのに、和風のテイストも取り込まれている、おしゃれなステンドグラスです。

鳩山会館の洋館のステンドグラス

こちらは、第2応接室とサンルームの間に設置されているステンドグラスです。

ステンドグラスには、美しい花がたくさん描かれています。

鳩山会館の洋館のステンドグラス

こちらは、食堂とサンルームの間に設置されているステンドグラスです。

ステンドグラスには、葉っぱと木の実のような模様が描かれています。

鳩山会館の洋館のステンドグラス

こちらは、出入り口の上に設置されているステンドグラスです。

ステンドグラスには、鳩がたくさん描かれています。

鳩山会館の庭園

鳩山会館の庭園

サンルームを出ると、広い庭園があります。

芝生の庭園は、非常に綺麗に整備されており、周りには銅像や花壇などがたくさんあります。

鳩山会館の庭園

こちらは鳩山一郎氏の銅像です。

鳩山会館の初代主として、この鳩山会館をずっと見守っているような雰囲気です。

鳩山会館の庭園

洋館の近くにある池には、鳩山一郎氏の両親である和夫氏と春子氏の銅像も飾られていました。

鳩山会館の庭園

池の中には、美しい錦鯉がたくさん泳いでいました。

東京都内で、錦鯉がたくさんいる自宅など見たことないような気がします。

鳩山会館のバラ園

鳩山会館のバラ園

鳩山会館の庭園には、美しいバラ園があります。

そしてそのバラ園には、春と秋にはたくさんのバラが咲きます。

歴史ある鳩山会館ではありますが、やはり鳩山会館の一番の目玉と言ったら、美しい洋館を背景に見るバラ園ではないかと思います。

あわせて読みたい
鳩山会館のバラ|バラ園の見頃は春と秋、バラの種類も豊富です 鳩山会館は、元内閣総理大臣の鳩山一郎の邸宅を、記念館として一般に公開したものです。 この鳩山会館の庭園や離れには、美しいバラがたくさん植えられています。 春と...

鳩山会館の紅葉

鳩山会館の紅葉

秋になると、鳩山会館の周りの木々も、赤や黄色に紅葉します。

東京都内にある邸宅ですが、周りは深い木に囲まれており、秋になると東京にいることを忘れそうになるほど、美しい紅葉を見ることもできます。

鳩山会館(文京区)|まとめ

いかがでしたでしょうか?

鳩山会館は、元々は鳩山一郎氏の自宅であり、鳩山一族が住んでいた邸宅です。

今は一般公開されており、誰でも見ることができます。

個人の邸宅なので、1時間もあればすべて見尽くしてしまえるほどの大きさではありますが、都内にこれだけ素晴らしい庭園のある洋館は、なかなかないのではないかと思います。

鳩山会館の最大の見どころは、バラ園です。

春と秋のバラの季節には、ぜひ鳩山会館に行き、美しいバラを眺めたり、歴史ある洋館を観賞してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる