ハレクラニ沖縄のプライベートビーチ|ホテルの隣に泳げる海があります

ハレクラニ沖縄のプライベートビーチ|ホテルの隣に泳げる海があります

ハレクラニ沖縄のホテルの隣には、泳げる海があります。

海水浴は楽しいですが、遠くの海まで行くと、浮き輪や着替えなど荷物がたくさんで大変です。

ホテルから歩いて行ける所に海があるのは、とてもありがたいものです。

今回はハレクラニ沖縄のプライベートビーチについて紹介したいと思います。

目次

ハレクラニ沖縄のプライベートビーチ

ハレクラニ沖縄のプライベートビーチ

ハレクラニ沖縄のビーチフロントウィングを出て少し右側に歩くと、遊泳可能な海があります。

ホテルから遊泳区域まではに数分かかりますが、それでも遠くの海まで行くのと比べてずっと遊びに行くのが楽です。

ハレクラニ沖縄では、いろいろなマリンスポーツも楽しめます。

多くのマリンスポーツも、この遊泳区域の近辺で行われます。

ハレクラニ沖縄のプライベートビーチの様子を見ていってみましょう。

ハレクラニ沖縄のプライベートビーチ|ビーチハウスの様子

ハレクラニ沖縄のプライベートビーチ|ビーチハウスの様子

ハレクラニ沖縄のビーチフロントウィングの建物を出て、少し道なりに歩くと、ビーチハウスがあります。

ハレクラニ沖縄のプライベートビーチ|ビーチハウスの様子

こちらのビーチハウスでは、アクティビティの受付などをしています。

また、トイレなども完備されています。

ハレクラニ沖縄のプライベートビーチ|ビーチハウスの様子

ビーチハウスにはシャワーが2つ付いています。

海で遊んだ後は、全身砂だらけになりますので、施設に帰る前に体をきれいに洗うには、こちらのシャワーが非常に便利です。

ハレクラニ沖縄のプライベートビーチ|海と桟橋

ハレクラニ沖縄のプライベートビーチ|海と桟橋

こらが、ハレクラニ沖縄のプライベートビーチです。

遊泳区域以外で泳ぐことはできませんが、海の周りを散策することはできます。

青くて透き通った海が辺り一面に広がっていて、とても綺麗な景色です。

裸足やサンダルで海に入って遊んだり、写真を撮ってる人たちがたくさんいました。

ハレクラニ沖縄のプライベートビーチ|海と桟橋

こちらはハレクラニ沖縄のプライベートビーチの桟橋です。

一部のアクティビティで船などに乗る場合は、こちらを使う場合もあります。

美しい海にかかる白い桟橋も、やはり美しいですね。

ハレクラニ沖縄のプライベートビーチ|遊泳区域

ハレクラニ沖縄のプライベートビーチ|遊泳区域

プライベートビーチをさらに進むと、遊泳区域になります。

遊泳区域では、係の人が待っていますので、部屋番号を伝えると、パラソルのついたビーチチェアまで案内してもらえます。

ハレクラニ沖縄のプライベートビーチ|遊泳区域

ビーチチェアにタオルをかけていただき、お水も渡していただけます。

他にも、シュノーケルをする場合はライフジャケット貸していただけたり、子供がいる場合は、水中を見れるような道具を貸していただくこともできます。

全て無料なのがとてもありがたいです。

ハレクラニ沖縄のプライベートビーチ|シュノーケルもできます

ハレクラニ沖縄のプライベートビーチ|シュノーケルもできます

こちらのネットで囲まれた中が、遊泳区域です。

事前にホームページなどで確認した時は、遊泳区域は狭く感じたので、楽しめるかどうか少し不安でした。

ただ、実際に行ってみると、浮き輪で浮かんだり軽くシュノーケルをするくらいであれば、十分な広さであると思いました。

事前に調べた情報では、ハレクラニ沖縄の遊泳区域はクラゲ侵入防止ネットが貼られているため、魚が入ることができず、シュノーケルをしても魚を見ることができない、という説明がたくさん載っていました。

「魚は見れないだろうなあ。」と思いつつもシュノーケルをやってみたのですが、結果としては小さな魚たちをたくさん見ることができました。

まず、この遊泳区域の水の状態ですが、水中に砂が少し混じっているため、完全に透明な水というわけではありません。

そのため、シュノーケルをしても、少し濁った水の中で海の生き物たちを見ることになります。

また、砂浜から少し入ったところまでは、地面は砂や海藻だけなので、そこには魚たちはいませんでした。

大人が足をついて頭が出るか出ないか辺りのところまで行ってみると、足元にちらほらとイソギンチャクや小さな珊瑚礁が見えてきました。

そして、そのイソギンチャクや小さなサンゴ礁の周りには、小さな魚たちがたくさんいたのです。

たくさんと言っても、10匹程度なので、本格的なシュノーケリングと比べたら大したことないかもしれません。

また、魚はとても小さいので、大きな熱帯魚を見たいという人も、少しがっかりしてしまうかもしれません。

でも、元々シュノーケルをしても魚は見れないと思っていたので、それなりに魚が見れたので、予想以上に楽しむことができました。

魚たちは、ネットの隙間を通って、中に入ってくるようです。

そして、イソギンチャクやサンゴ礁の周りに、住み着いているようです。

魚の大きさは10cm程度ですので、それほど大きいわけではありません、

それでも、真っ青な魚たちや、クマノミのような魚もおり、それなりに海の生き物たちを楽しむことができました。

そのような理由で、本格的なシュノーケルをしたい人は、きちんとシュノーケルのアクティビティに参加した方がいいですが、気軽に小さな魚を見たい程度の人であれば、そこそこ楽しめると思います。

なお、シュノーケルの道具はこちらで貸し出ししていないようです。

そのため、シュノーケルの道具は、自分で持っていく必要があります。

ただ、ライフベストは貸していただけますので、そのライフベストを着て自分で持ってきたシュノーケルを付け、ふわふわと浮かびながら魚たちの泳ぐ様子を楽しむことができます。

ハレクラニ沖縄のプライベートビーチ |まとめ

いかがでしたでしょうか?

ハレクラニ沖縄は、施設もプールも最高だろうと思っていたのですが、ビーチだけは、行く前は少し不安でした。

でも、ビーチについては、沖縄で最も美しいビーチというわけではありませんが、軽く泳いだり遊んだりする位であれば、十分なのではないかと思いました。

海も砂浜もきれいですし、ビーチチェアやタオル・ミネラルウォーターなどのサービスも充実してます。

海の中では小さな魚たちも見ることができますし、気軽に楽しめるプライベートビーチでした。

天国の名にもっともふさわしい楽園、ハレクラニ沖縄。
目の前に広がるのは、エメラルドグリーンに輝く海と白砂のビーチ。
一度は行ってみたい、南国の楽園。
是非、「一休」で宿泊情報を確認してみて下さい!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる