ハレクラニ沖縄のプール|4つの屋外プールと1つのインドアプール

ハレクラニ沖縄のプール|4つの屋外プールと1つのインドアプール

ハレクラニ沖縄には、何と、プールが5つもあります。

屋外に4つのプール、施設内に1つのインドアプールです。

3つのプールは誰でも入ることができ、2つのプールは16歳以上のみが使用できるプールです。

今回は、ハレクラニ沖縄のプールについて紹介したいと思います。

目次

ハレクラニ沖縄のプール

ハレクラニ沖縄のプール

ハレクラニ沖縄の施設は、非常に広大です。

そしてその広大な施設内に、プールが5つもあります。

ハレクラニ沖縄で一番大きなオーキッドプールは、ビーチフロントウイングフロントの建物の側にあります。

オーキッドプールのすぐそばには、16歳以上のみが使用できるクワイエットプールと、小さな子供でも安心して遊べる水深60cm程度のキッズプールがあります。

ビーチフロントウィングの施設内には、インドアプールが1つあります。

サンセットウィングには、屋外にプールが1つだけあります。

こちらは16歳以上のみが使用できるプールです。

たくさんプールがありすぎて、どこで遊べばいいのか迷ってしまうかもしれません。

ハレクラニ沖縄のプールの特徴を、1つずつ見てみましょう。

ハレクラニ沖縄のプール|白い花を映す「オーキッドプール」

ハレクラニ沖縄のプール|白い花を映す「オーキッドプール」

オーキッドプールは、ハレクラニ沖縄の象徴とも言えるプールです。

ビーチフロントウィングのフロントを出ると、すぐにオーキッドプールが目に入ります。

こちらのプールは丸い形の大きなプールで、プールの底には白いオーキッドの模様がタイルで描かれています。

オーキッドとは蘭の花のことです。

このオーキッドプールは、ハレクラニ沖縄のホームページなどいたるところに写真が載っています。

オーキッドプールは、プールサイドから階段状に少しずつ水が深くなっています。

子供用のプールではありませんので、小さな子供はこのプールで遊ぶのは難しいかもしれませんが、浅い部分があるので、小学生ぐらいであればこちらのプールでも遊ぶことができます。

ハレクラニ沖縄を代表するプールですので、是非こちらのプールには一度足を運んでみてください。

ハレクラニ沖縄のプール|白い花を映す「オーキッドプール」

オーキッドプールの周りには、ビーチチェアとパラソルがセットされています。

部屋番号を言うと、ビーチチェア2つにバスタオルをセットしていただき、水もいただけます。

沖縄の日差しは非常に強いので、日陰を確保してプールで楽しむのが良いと思います。

ハレクラニ沖縄のプール|白い花を映す「オーキッドプール」

オーキッドプールの入り口の側には、浮き輪に空気を入れる道具もあります。

浮き輪は膨らませずに持ってきても、ここで空気を入れられるので大丈夫です。

ちなみに、利用できる浮き輪の大きさには制限があり、寝転がって使うようなタイプは使えない場合があるので気を付けましょう。

ハレクラニ沖縄のプール|白い花を映す「オーキッドプール」

オーキッドプールのプールサイドには、飲み物や軽食を購入できる場所があります。

飲食物はプールの中には持ち込めませんが、ビーチチェアでくつろぎながらいただくことはできます。

ハレクラニ沖縄のプール|白い花を映す「オーキッドプール」

オーキッドプールの裏側にはシャワーが3箇所あります。

プールから出たら、こちらで軽く体を洗ってから施設内に入ることもできます。

ハレクラニ沖縄のプール|海へと続く「クワイエットプール」

ハレクラニ沖縄のプール|海へと続く「クワイエットプール」

オーキッドプールから更に海側へ行くと、クワイエットプールがあります。

こちらは16歳以上限定のプールとなっているので、残念ながら子供は入ることができません。

ただ、子供が浮き輪などを使って遊び、大騒ぎするようなことはないので、カップルなど静かに海を眺めたい人達には最適です。

プールの側には温かいジャグジーもありますので、プールで体が冷えた場合はこちらで温まることもできます。

ハレクラニ沖縄のプール|海へと続く「クワイエットプール」

こちらが、クワイエットプールから海を眺めた風景です。

プールと海がつながっているように見えて、非常に素敵な景色です。

大人だけで静かにこのプールに入りながら、いつまでもゆっくり美しい自然を堪能することができます。

ハレクラニ沖縄のプール|海へと続く「クワイエットプール」

クワイエットプールの隣には、プールバーがあります。

こちらでは、飲み物や軽食などを買うことができます。

ハレクラニ沖縄のプール|海へと続く「クワイエットプール」

クワイエットプールにはシャワーが一つ付いています。

プールから上がったら、こちらで軽く体を洗い流しておくとさっぱりします。

ハレクラニ沖縄のプール|子供たちの楽園「キッズプール」

ハレクラニ沖縄のプール|子供たちの楽園「キッズプール」

オーキッドプールの隣には、キッズプールであります。

未就学児など、オーキッドプールで遊ばせるのが心配な子供と一緒にプールに入る場合、こちらのプールの方が安心です。

大きな子供はオーキッドプールに入ってしまいますので、キッズプールは比較的空いています。

小さな子供でもお腹のあたりまでしか水がありませんので、水遊びのように楽しむことができます。

ハレクラニ沖縄のプール|子供たちの楽園「キッズプール」

キッズプールの周りにもビーチチェアとパラソルがあります。

こちらでもタオルと水をもらうことができますので、ゆっくりと休むことができます。

ハレクラニ沖縄のプール|夕陽を望む「オーシャンテラスプール」

ハレクラニ沖縄のプール|夕陽を望む「オーシャンテラスプール」

サンセットウィングのロビーの近くには、屋外のプールが1つあります。

オーシャンテラスプールは、16歳以上が使用できるプールです。

子供達が浮き輪で遊ぶということもありませんので、大人だけで静かに美しい風景を眺めながらくつろぐことができます。

こちらにもビーチチェアとパラソルがあり、タオルと水がいただけます。

沖縄ので暑い日差しを避けて、ゆっくりと景色を眺めながら休むことができます。

ハレクラニ沖縄のプール|夕陽を望む「オーシャンテラスプール」

プールの左側には暖かいジャグジーもあります。

夕方などに体が冷えた時は、こちらのジャグジーで温まることもできます。

ハレクラニ沖縄のプール|夕陽を望む「オーシャンテラスプール」

こちらが、オーシャンテラスプールから海を見た風景です。

プールと海が一体となり、どこまでも続く水の中にいるようで、非常に幻想的な風景です。

なお、こちらの建物はサンセットウイングと言う名前のとおり、夕方になると美しい夕日を見ることができます。

夕方にこのプールに入ると、水平線の向こうにオレンジ色の夕日が沈む様子を見ることができ、非常にロマンチックです。

恋人同士で、プールに入りながら、海に沈む夕日を眺めるのも素敵です。

ハレクラニ沖縄のプール|夕陽を望む「オーシャンテラスプール」

オーシャンテラスプールの裏側には、シャワーが2つあります。

施設内に戻る前に、シャワーで体を綺麗にすることができます。

ハレクラニ沖縄のプール|オールシーズン利用できる「インドアプール」

ハレクラニ沖縄のプール|オールシーズン利用できる「インドアプール」

こちらは、ビーチフロントウィングの施設2階にあるインドアプールです。

晴れている日は、屋外のプールで遊ぶ人が多いためインドアプールは非常に空いています。

ただ雨が降ってしまうと、沢山の人がこちらのインドアプールに集まってきてしまうので、結構混雑してしまいます。

インドアプール自体がそんなに大きくもないので、雨の日にみんながこちらのプールに集まってしまうと非常に窮屈になり、少し残念な感じになります。

でも、天候にかかわらず、必ずプールで遊べるというのはやはりありがたいものです。

こちらのプールでも、部屋番号を言えば、ビーチチェアとバスタオル・水を用意してもらえます。

インドアプールの左の奥の方には温泉とジャグジーがあります。

体が冷えてしまった時には、温泉やジャグジーで体を温めることができるので便利です。

ハレクラニ沖縄のプール|まとめ

いかがでしたでしょうか?

ハレクラニ沖縄にはプールはいっぱいありますので、どこで遊べばいいか本当に迷ってしまいます。

屋外のプールはどのプールも景色が美しく、楽しいリゾート気分を味わうことができます。

自分の好きなプールで遊べば良いのですが、どこに行けば良いか迷ってしまった時は、浮き輪を持って子供と一緒にワイワイと遊びたい時はオーキッドプール、大人同士で静かにロマンチックに過ごしたい時はクワイエットプールかオーシャンテラスプールが最適だと思います。

天国の名にもっともふさわしい楽園、ハレクラニ沖縄。
目の前に広がるのは、エメラルドグリーンに輝く海と白砂のビーチ。
一度は行ってみたい、南国の楽園。
是非、「一休」で宿泊情報を確認してみて下さい!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる