ハレクラニ沖縄のパンケーキ|パンケーキミックスも購入できます

ハレクラニ沖縄のパンケーキ|パンケーキミックスも購入できます

ハレクラニ沖縄の施設内では、レストランでパンケーキを食べることができます。

朝食のプレートにパンケーキがついていたり、朝食ビュッフェでもパンケーキが食べられます。

でも、ハレクラニ沖縄のパンケーキで一番と言えるのは「ハレクラニ沖縄オリジナルリコッタチーズのふわふわスフレパンケーキ」だと思います。

今回は、ハレクラニ沖縄で食べれるパンケーキについて紹介したいと思います。

目次

ハレクラニ沖縄のパンケーキ

ハレクラニ沖縄のパンケーキ

ハレクラニ沖縄では、美味しいパンケーキを食べることができます。

私がハレクラニ沖縄で見つけたパンケーキは下記の4つです。

  • シルー ブレックファーストのメインディッシュ「パンケーキ アマゾンカカオとバナナ」
  • キッズシルー ブレックファーストの「パンケーキ」
  • ハウス ウィズアウト ア キーのモーニングビュッフェの「パンケーキ」
  • ハウス ウィズアウト ア キーのランチアラカルトの「ハレクラニ沖縄オリジナルリコッタチーズのふわふわスフレパンケーキ」

更に、ハレクラニ沖縄の売店(ギフトショップ)では、ハレクラニ沖縄のオリジナルパンケーキミックスも見つけました。

ハレクラニ沖縄のリコッタチーズのふわふわスフレパンケーキが絶品!

ハレクラニ沖縄のリコッタチーズのふわふわスフレパンケーキが絶品!

ハレクラニ沖縄では、色々なパンケーキが出てきますが、その中でも特に紹介したいのが、ハウス ウィズアウト ア キーのランチアラカルトメニューに出てくる「ハレクラニ沖縄オリジナル リコッタチーズのふわふわスフレパンケーキ」です。

ランチタイムにハウス ウィズアウト ア キーに行くと、このメニューを注文することができます。

試しに一つ注文してみたところ、店員さんから「30分かかりますが、よろしいですか?」と聞かれました。

その時は、ランチのメニューを頼み、デザートとしてこのパンケーキを食べようと思いました。

そのため、30分かかると言われ、ランチを食べ終わってから30分待つのは辛いなと思ったので、パンケーキの方も先に準備をお願いしておきました。

ランチを食べ終わった頃、パンケーキがテーブルに運ばれてきました。

ふわふわ・とろとろのパンケーキが積み上がっており、キャラメル色のソースがかかっていました。

パンケーキの上には、ナッツと粉砂糖もふりかけられており、とっても豪華なイメージです。

量が多くて食べきれないのではないかと、少し不安を抱えながら食べてみました。

このパンケーキと食感は、ふわふわ・とろとろです。

ボリュームがあるかと思いましたが、ふわふわとすぐになくなってしまいますので、見た目ほどボリュームがありません。

パンケーキの上にかかっているソースも、甘すぎず程よい感じで、気づけばあっという間にパンケーキはなくなっていました。

あまりに美味しかったので、どんな味か説明するのはちょっと難しいのですが、ふわふわ・とろとろ、甘すぎず程よい甘さで、とにかく美味しかったとしか言いようがないです。

ハレクラニ沖縄の朝食で食べれるパンケーキ

ハレクラニ沖縄の朝食で食べれるパンケーキ

ちなみに「ハレクラニ沖縄オリジナルリコッタチーズのふわふわスフレパンケーキ」は、ランチタイムにレストランに行き、30分待って食べる必要があります。

そのため、日中は観光に出かけてしまったり、プールサイドで軽食を食べてしまうと、このパンケーキを食べることができません。

そんな人のために、このパンケーキの代わりになるとまでは言えませんが、このパンケーキのふわふわ感に少し近いパンケーキが、モーニングビュッフェにあるので、食べておくことをおすすめします。

こちらの写真の左下が、モーニングビュッフェのパンケーキです。

ランチタイムのようにソースはのってませんし、ふわふわ・とろとろの感動的な味とは言えませんが、パンケーキのやわらかさはある程度似ていると思います。

ランチタイムに「ハレクラニ沖縄オリジナルリコッタチーズのふわふわスフレパンケーキ」を食べ損ねてしまった人は雰囲気だけでも味わうために、朝食のビュッフェではパンケーキを食べておくのが良いと思います。

ハレクラニ沖縄のパンケーキミックス|原材料は?

ハレクラニ沖縄のパンケーキミックス|原材料は?

ハレクラニ沖縄の売店(ギフトショップ)では、ハレクラニ沖縄のオリジナルパンケーキミックスを買うことができます。

あんなに美味しいパンケーキが自宅で作れるなら素晴らしいと思い、しっかりとお土産に買って帰りました。

このオリジナルパンケーキミックスの原材料は下記の通りです。

小麦粉(国内製造)、砂糖、食用油脂、ターウム粉末、大豆粉、デキストリン、食塩、全卵粉末、脱脂粉乳、米粉、バターミルクパウダー/膨張剤

もちもち感を出すために米粉が入っているのが特徴でしょうか?

一見、普通のホットケーキミックスとそこまで違いがあるように思えませんでした。

ハレクラニ沖縄のパンケーキミックスを使って作るパンケーキ

ハレクラニ沖縄のパンケーキミックスを使って作るパンケーキ

こちらのパンケーキミックスの作り方を見ましたが、卵も牛乳も何も使いません。

オリジナルパンケーキミックスに水を入れて、フライパンで焼くだけです。

こんな簡単な作り方で、あんなふわふわ・とろとろの美味しいホットケーキが出来るのかと疑問に思いながらも、手順通りパンケーキを焼いてみました。

私が焼いてみたパンケーキは、上の写真の通りです。

食べた感じですが、とってもサッパリしていて美味しいのですが、「あれ?」と思いました。

サッパリしているから食べやすいのですが、あのふわふわ・とろとろの食感がないのです。

「おかしい。このパンケーキミックスを使って作れば、あの美味しいパンケーキが作れるはずなのに。」と、なんとも腑に落ちない感じで色々とネットを調べてみました。

よく考えてみると、「オリジナルパンケーキミックス」とは書いてありますが「ハレクラニ沖縄オリジナルリコッタチーズのふわふわスフレパンケーキ」とは書いてありません。

それでは、あの時私がハレクラニ沖縄で食べた「ハレクラニ沖縄オリジナルリコッタチーズのふわふわスフレパンケーキ」はどうやって作ればいいのでしょう?

ハレクラニ沖縄スフレパンケーキのレシピは?

ハレクラニ沖縄スフレパンケーキのレシピは?

ネットで調べたところ、簡単にレシピが見つかりました。

何と、ハレクラニ沖縄のオンラインショップのページに、スフレパンケーキのレシピが載っているのです。

あわせて読みたい
スフレパンケーキ ハレクラニ沖縄 公式オンラインショップ ご自宅で簡単に美味しくつくれる「スフレパンケーキ」のレシピをご紹介いたします。

レシピを見てみると、確かにハレクラニ沖縄のオリジナルパンケーキミックスは使っていますが、その他にも、リコッタチーズ・牛乳・卵・グラニュー糖・バターなど、色々な材料が必要です。

しかも、卵白がたくさん必要で、卵白は別でメレンゲ状に泡立て、最後にパンケーキの生地に混ぜ込むような作り方になっています。

「なるほど。これならふわふわのパンケーキが作れるかもしれないし、30分かかるのも当然だ。」と思いました。

早速このパンケーキを作ってみました。

上の写真が、私が作ったスフレパンケーキです。

レシピの動画を参考に、ホイップクリームものせてみました。

食べた感じは、確かにふわふわ・とろとろのパンケーキでした。

美味しいスフレパンケーキができましたが、やっぱりソースも違いますし、熟練の料理人が作ったわけではありませんので、「ハレクラニ沖縄オリジナルリコッタチーズのふわふわスフレパンケーキ」ほどの味は出ませんでした。

また、このレシピだと2~3人分は出来てしまいます。

かなりたくさんのパンケーキができ、とても一人で食べれる量ではありませんので、一人で食べる場合は半分か1/3ぐらいに減らして作った方がいいと思います。

ハレクラニ沖縄のパンケーキ|まとめ

いかがでしたでしょうか?

「ハレクラニ沖縄オリジナルリコッタチーズのふわふわスフレパンケーキ」はとても美味しかったので、ランチタイムに時間がある人は、是非このパンケーキを食べてみてください。

そして、オリジナルパンケーキミックスも買って、自宅でも作ってみてください。

お店で食べるパンケーキのように上手くはできないかもしれませんが、家に帰ってからもハレクラニ沖縄のパンケーキの味を思い出すことができると思います。

天国の名にもっともふさわしい楽園、ハレクラニ沖縄。
目の前に広がるのは、エメラルドグリーンに輝く海と白砂のビーチ。
一度は行ってみたい、南国の楽園。
是非、「一休」で宿泊情報を確認してみて下さい!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる